Entry

「Od maličkých k velikým」プレミア公演!!

ファイル 267-1.jpgファイル 267-4.jpgファイル 267-2.jpgファイル 267-5.jpgファイル 267-3.jpg先日、2月25日にブルノ・ポラールカ劇場にて無事「Od maličkých k velikým(小さいものから大きいものまで)」のプレミア公演を迎えることができました。プレミア上演はなんか目頭がなんか熱くなるぐらい 物凄く盛り上がりました!!これから、ポラールカ劇場で定期的に上演されていきます!ぜひブルノへ行かれる場合はプログラムをチェックしてみてください!!(>web)

プレミア上演を迎えた「Od maličkých k velikým」!!!

最初に演出家のゾヤさんからお話しをもらったのは、たしか昨年の夏の終わり頃だったと思うのです。「白雪姫」や「3匹の子ブタ」といった具体的な物語ではなく、色んな詩や童謡を使って、タイトル通り、小さいものから大きいものが登場していくものにしたいとのことで。細かい内容は実際に見てもらいたいのでここでは書くのを控えたいと思うのですが、ゾヤさんオリジナルの戯曲になっています。

ゾヤさんの最初のアイデアでは、セットは、タンス1つのみでタンスから引っ張り出せる衣類をつかって、色んな人形に変化していくものというものでした。前回も書きましたが、このお話しをもらった時、最初にゾヤさんから「Yumiにとって不得意な分野かもしれない」と言われたは、「布製の」人形制作が理由だったのです。

演劇用の人形は毎回作り方も素材も変わるので、どれが!ということはないのですが、やはり木だったり、張り子だったりが多いので、布製の人形を作ってこなかったわけではないのですが、裁縫がそんなに得意でないのはゾヤさんも周知の事実な感じでして。

いつもは、舞台用の縫物や衣装は、デザインのみ私がやって、後は縫製をするプロにお願いして、小物とか手縫いが必要な物、味のある感じに仕上げたい時のみ作るといった感じなのです。編み物はちょっと自信があるのですが、裁縫仕事は本当にあまり得意ではないのです。

そんな私の裁縫技術は、大きな針、大きな待針を使う事とか、手縫いの時糸は4本通すなど、毎回お世話になっているテーラーのブディーコバーさんから教わったものが多いのですが、大きな針で指を刺した時の破壊力はなかなかのもので。。今回の人形達、サイズも大きかったのですが、色々な仕掛けもありまして、立体的に縫っていかなければいけなかたったので手元が不安定だったのか、ただ単に私が不器用なだけだったのか、まあ、何度刺したかわかならいぐらい刺しました。人形の笑顔の裏には、かなり血に塗られた側面があるのです、、、というのは冗談ですが、なかなかに苦しめられました。

そして、一番難しい課題だったのが、「役者の即興性を活かせる人形」というリクエストでした。

これには、かーーなり悩みました。。この辺は、実際に劇を見て頂きたいので詳細を書くのは避けますが、結果だけ書けば凄くいい感じでクリアできたと思っています。ただ、即興性を活かせる物・形は、実際にリハーサルをしなければ見えないわけでして。それでも、人形がなければ、リハーサルにならないので、ゾヤさんとの打ち合わせの中で沢山アイデアを出して、ある程度の方向つけつつ、自身で作る過程で見えてくるアイデアなど色んな可能性や機能を持たせつつ制作しましたが、やはりリハーサルの経過を見て、作る側も即興的に対応していかないといけないといった感じでした。

「Od maličkých k velikým」は、全体的にその「即興性」が大事なテーマで、ゾヤさんの台本も、ゾヤさんが選んだ詩、童謡以外は何も書かれてない状態で、全部リハーサルの中から生まれていきました。今回出演している俳優さんは3人。ポラールカ劇場に所属していて、ポラールカ劇場の設立メンバーの一人であるJiří Skovajsa(イジー・スコバイサ)さん、「浦島太郎」や「金の紡ぎ車」でも一緒だったLubomír Stárek(ルボミール・スターレク)さん、女優2人は客演で上演スケジュールで対応できるようにダブルキャストになっていて、Hana Jagošová(ハナ・ヤゴショバー)さんとAdéla Marešová(アデーラ・マレショバー)さんが出演しています。音楽は、最近ブルノ市から文化功労賞を受賞した、ゾヤさんの制作チームとしておなじみのZdeněk Kluka(ズデニェック・クルカ)さん。

皆、ゾヤさんのお墨付きがでる本当にいい役者さんでした!

特に、このイジ―(イルカ)さんとルボミール(ルボシュ)さんの即興力というかアイデア力が半端なく、私自身もリハ中かなり触発される結果になりました。特に嬉しかったのは、私自身色々と舞台や人形にちりばめたアイデアや機能を、私が想像していた形以上に、もう本当におおいに越える感じで演じてくれて。こういう良い形でのキャッチボールは凄く嬉しいもので、毎度のことで、短時間で結構な仕事量だったのですが、制作するのが楽しかったです。

ゾヤさんの演出力により、役者の即興的な演技、身体を使っての動きや曲、プリミティブ・ナイーブな表現方法でできた人形や動物のシーンからの、作り込んだビジュアル世界の段階が、本当にバランスがとれた作品に仕上がったと思っています。私にとっては、ゾヤさんと10作品目。私自身、少しは成長した状態でゾヤさんのそばで仕事ができているといいなあと思うのですが、、どうでしょう。それでも、これだけ沢山の作品を一緒に作ってくることができて、改めて幸せなことだなと思います。また、一緒にいい作品が作れますように。

そして、「Od maličkých k velikým」沢山の人たちに見てもらえることを願っています。

写真・1 最後の方のクマ。Masopust(謝肉祭)の季節だったので、なんだか吊るし切りならぬ、吊るし縫いだったなあと、、
写真・2 リハの時のお気に入りの1枚。
写真・3 ゲネより
写真・4 サルも出てます!(このサルの機能が結構面白いのです)
写真・5 プレミア後、子供達も舞台に上がって、みんなでぞうさんに!!
 


Od maličkých k velikým (From the small to the big)

ファイル 266-1.jpgPerformance Od maličkých k velikým (From the small to the big) starts this Saturday 25.th February, 3 p.m., in theatre Polarka in Brno!!

First performance is however sold out, please find another date on the theatre (webpage). This performance is intended for children more than 3 y.o., but I think, also us adults can have a lot of fun.


Od maličkých k velikým

ファイル 265-1.jpgpředstavení Od maličkých k velikýmjiž tuto sobotu 25.února bude mít od 15. hodin premiéru v divadle Polárka, Brno!!!!
Premiéra je již bohužel vyprodaná, proto prosím najdete si na webu divadla další termín.

Představení Od maličkých k velikým je určeno pro děti od 3 let, ale jsem přesvědčená o tom, že i my dospělí se můžeme dobře bavit!!!


「Od maličkých k velikým(小さいものから大きいものまで)」

ファイル 264-2.jpg「Od maličkých k velikým(小さいものから大きいものまで)」のプレミア公演が今週の土曜日と迫ってきています!!ブルノ・ポラールカ劇場にて午後3時より!!プレミアの日のチケットは、完売しているのですが、2月28日17時半、3月11日10時半、15時半からも一般の観客向けに上演予定みたいです!(6月までの上演予定が、ポラールカ劇場のHPで出ていますのでどうぞチェックしてみてください!!>web)

私は昨日ブルノ出張で、最後の調整以外の仕事は全部終えることができました。後は、プレミアを待つのみです!!これで、昨年末から続いていたブルノ通いの日々も一段落しました。

詳細は、プレミア後に書ければと思うのですが、凄くいい仕上がりになっています。3歳から5歳が対象ですが、大人の方も十分に楽しめる内容になっています。いいプレミア公演になりますように!


2017!!!!!

ファイル 263-2.jpgファイル 263-1.jpg1ファイル 263-3.jpg月も最終日になりました!

もう少し早くブログをアップしたかったのですが、昨年末にパソコンが壊れて、修理に出していたのです。そして、先日、本当にいろんなドラマ?を経て1か月かかって、うちに帰ってきた感じだったのです。

修理の時間はかかりましたが、この修理をしてくれた人はなかなか凄い方(見た目が昔の海外刑事ドラマに出てきそうな、髪をわけている感じの神経質そうな寡黙刑事)で、チェコ人ならではの状況対応能力といいますか、最終的には私の愛用していたソニーのパソコンのハード・ディスクをDELLのノートパソコンに脳移植するような形で修理してくれました。私はウィンドウズの日本語版を使っていたので日本語版のまま修理をしてくれたのも凄いですが、以前と同じまま復活してくれただけでなく、以前よりなんか機能アップして蘇らせてくれたので本当に驚きでした。私にとっては5台目のパソコンで、以前は2台Mac、2台ソニーだったので、初Dellです。

今年は、私にとっては大きな節目の年です。

というのも、2007年9月にプラハに住み始めたので、今年で10年目の年になります。「10年」と言葉にすると、もうそんな長く住んでいるのかーっとも思いますし、住み始めた頃のことを思い出すとまだ10年?といった感じもするし不思議な感覚です。それでも、10年の間に本当に色んなことがあったなあと。10年前の私は今の自分が想像できてませんでしたし、10年後もそんな感じだといいなと思ってます。

そして、私はチェコへ来てから演劇世界に入ったので、人形劇の世界に入っての経験も10年目になりました。10年で培った経験を次の10年に活かせたらいいなと思っています。色んな事に挑戦できればいいなと。

現在は、色んなプロジェクトが平行している感じで、さらにプロジェクトごとに制作テクニックが違うため、家が素材と制作中の物であふれていて混戦状態です…。制作ペースは悪くないのですが、ペースアップしていかないとな感じです。

今年最初の仕事は、2月25日ブルノ・ポラールカ劇場にて、プレミア予定の「Od maličkých k velikým(小さいものから大きいものまで)」です。私にとってはポラールカ劇場での仕事は、2009年に制作した「浦島太郎」以来です。演出は、ゾヤさん。私は、výprava(チェコの演劇現場ではよくある役職なのですが、舞台美術・衣装・人形など、ビジュアル面を全部担う立場)で入ります。

私にとって今年は色々と10年目ですが、ゾヤさんと一緒に作るのも、10作品目!で、偶然ですが、テンションが上がっています。この仕事は、ゾヤさんから最初に話を振られたとき、「Yumiにとっては、不得意な分野かもしれないけど…」から始まりました。本当にその通りで、かーーーーなり、もがきました。詳細はこれからのブログに書きたいですが、リハの雰囲気も凄く良くて、今からいい作品になるなあと確信しています。

今年は日本に(今の見通しでは)3回行きます!仕事でバタバタしているかもですが、皆さまに会える日を楽しみにしています!2017年も皆さまにとって幸せな年でありますように!!


X-mas news!!!

ファイル 262-1.jpgI would like wish you all the best for the next year 2017 with the rule of COCK!

On the finish of October I prepared puppet for the shooting of short japanese movie Modrý directed and shot in November by Yasuhito Tsuge in Nagasaki area under partnership of CANON. Please watch the around 5-Minutes Story of Modrý puppet and attached short documentary about making movie. Who will like the movie, then exists also director cut version here.


Vánoční zpráva!!

ファイル 261-2.jpgPřeji Vám hodně štěstí do roku 2017 ve znamení Kohouta!

Na konci října jsem vyrobila loutku pro japonský kráký film Modrý režiséra Yasuhito Tsuge, který se natáčel v listopadu v oblasti Nagasaki pod záštitou firmy CANON. Podívejte na přibližně pětiminutový příběh loutky Modrý a na podobně krátké video z natáčení. Komu se bude film líbit, existuje ještě střihová verze podle režiséra.


近況報告・12月

ファイル 260-1.jpgファイル 260-2.jpgファイル 260-3.jpg長いことブログをアップしていませんでした。師走とはよくいったもので、いつもバタバタな感じですが、今年の12月は例年以上にバタバタしていました。

昨年と同様に 、2016年は、本当に移動が多い年でした。

1年を通すと、チェコ以外の国に5か月間ぐらいいました。そのうちの3か月間は、日本にいれました!いつの間にか自分の生活ベースがチェコになっているので、日本にこれだけ長く滞在できたのも、凄く貴重なことだなと思います。

長いこと海外に住んで仕事をしてきて、表現の世界に国境はないと思っていますが、日本に生まれたという自分の根っこの部分の感情が、日本で仕事をしたい!という気持ちにさせるのだと思うのです。今年は、金沢しいのき迎賓館での、のはちゃんとの展覧会や、日本―チェコ共同演劇プロジェクト、一糸座さんの「ゴーレム」の上演、京都・プラハ姉妹都市20周年にあたっての京都駅でチャークさんとの「赤ずきん」上演などなど、日本のいろんな所で仕事ができて、沢山の方々に出会えて、本当に嬉しく思っています。お世話になりました皆様方には本当に感謝です!!

また、今年は自分の人生の中では一番取材をして頂ける機会が多い年でした。NHKさんの「世界に花咲け!なでしこたち」のドキュメントを初め、沢山の新聞・雑誌記者の方々に取材をて頂く機会を得ました。自覚症状があるぐらい、話すのに容量がつかめない、さらには話が脱線する、そんな私自身の感覚的な話を、辛抱強く聞いてくださいましたNHKデイレクターの永田さん、お会いすることができました記者の皆様方本当にありがとうとございました。誰かの視点を通して、自分のことを描かれるのは恥ずかしくもあり、実物よりかっこよく書いて頂ける事が嬉しい体験でした。それに、普段聞かれない質問に沢山答えることで、自分自身「実際のところどう考えているのだろう?」と、考えるきっかけにもなりました。紹介していただいたことを無駄にしないように、これからも、精進していけたらと思います。

そして、今年最後のニュースは、映像作家・柘植泰人さんの映像作品「Modrý(青)」に、人形制作として参加させて頂いたことです。Youtube Canon Officialサイトより、ご覧いただけます。ディレクターverは、こちらからご覧いただけます!ぜひ、両方見てみてください!!!

「映像」という表現分野は、私にとっては未知の世界で、アニメーションを初め凄く好きで憧れる世界ではありますが、感覚的にアナログな私にとっては、機材・制作等の複雑さから、自身が制作する分野という意味では遠いものだと思っていました。こういう機会を頂き、プロジェクトに参加できて凄く良かったと思っています。

このお話をもらって、初めて柘植さんの映像作品(宇多田ヒカルさんの『真夏の通り雨』)を見た時、「映像なのに時間が止まったような、止まった中に静かなエンドレス性があるような」そんな不思議な感覚になりました。こういう感じに繊細に自然を撮られる方が、自分作った人形をどう撮られるのだろうとワクワクしました。
映像作品の持つ「時間」の中に、人形自身が持てない「時間」という感覚をビジュアル的に表現できたら面白そうだなと思いました。自然物と風景と人形がうまく結び付けたらいいなと。そんなところから、人形デザインが生まれてきました。

初めての映像作品への参加だったので撮影現場を見てみたかったのですが、スケジュールの都合がつかず日本に行けませんでした。ので、人形を送ってからの運命は、まったくわからない感じで、完成された映像を見てびっくり!といった感じでした。YoutubeのCanon ofisial サイトに、メイキングもあるので、そちらもご覧いただけるとうれしいです。撮影って本当に大変なのだなあと。。そして、機材もすごいなあと。。

年末ということで、なんだかまとめモードになっていますが、来年に向けて色々なプロジェクトが動いています。また色々なニュースを届けられたらと思います。良い年越しを!!

写真は、Modry(青)の制作過程です!


Autumn news

ファイル 257-1.jpgファイル 257-2.jpgPerformance Mysterious Lake will play again! Japan Society in New York present Obake Family Day at 30th October 2016. Obake means in Japanese monster. Please see very nice Trailer with my puppets and monsters.(>web)

YODAKA is back! YODAKA will have finally Japanese premiere at 17th and 18th December during Kaikyo Festival in Kitakyushu, North Kyushu. YODAKA was born in Prague as my first collective project with actress Naoko Taniguchi and director Zoja Mikotova. We played in Prague (CZ), Liberec (CZ), Ostrava (CZ), Bratislava (SK), Žiar nad Hronom (SK) and Košice (SK).

Diary of Anny Frank you can see again in Theatre Slovácké divadlo in Uherské Hradiště.(>web) In Brno, in puppet museum of Theatre Radost will be played O Malence (28th October and 30th October).(>web) If is for you too far from Prague, then please visit Kladno and his Theatre Lampion. Fairy story Zlatovláska is not only for children, but also for adult. Please see the program on the website. (>web)


Podzimní zpráva

ファイル 256-1.jpgファイル 256-2.jpgPředstavení Mysterious Lake se bude hrát v obnovené premiéře pro Japan Society v New Yorku. Dne 30.října 2016 se koná Obake Family Day. Obake znamená japonsky příšera. Podívejte se prosím na povedený Trailer s mými loutkami a samozřejmě i příšerami.(>web)

Další dobrou zprávou je, že YODAKA bude mít konečně po letech premiéru v Japonsku. Bude se hrát 17. a 18. prosince od 14. hodin v rámci festival Kaikyo v muzeu Moji-Kaimon Kaikyo v městě Kitakjúšú na Kjúšú. (>web)

Představení YODAKA vzniklo v Praze jako první spolupráce herečky Naoko Taniguchi a režisérky Zoji Mikotové. Hráli jsme v Praze, Liberci, Ostravě, Bratislavě, Žiaru nad Hronom a v Košicích.

Deník Anne Frankové se bude opět hrát ve Slováckém divadle v Uherském Hradišti.(>web) V brněnském muzeu loutek divadla Radost můžete vidět 28. a 30 října opět O Malence.(>web) Jste-li z Prahy nebo středočeského kraje, můžete se jet podívat na Zlatovlásku v kladenském divadle Lampion. Kontrolujte program na webových stránkách. (>web)


Page