Entry

『きんいろの髪のお姫さま』ツアー・前半

ファイル 316-1.jpgファイル 316-2.jpgファイル 316-3.jpgファイル 316-4.jpg1月16日から、日本に一時帰国しています。1月19日より始まった『第25回たかさき絵本フェステバルー降矢なな・出久根育展』の中で、去年の秋に制作した人形劇『きんいろの髪のお姫さま』を2日間にわたって上演させて頂きました。

何より、作家として憧れる存在である出久根さんの展覧会に関わらせて頂けること事態、凄く嬉しいことでした。さらには、そういった機会を通し、絵本の大切さを知ってもらおうと25年、絵本の原画展を運営されてきたパワフルな時をつむぐ会の方々に会えたのも本当に刺激的でした。多くのことを学ぶ機会になりました。展覧会は、1月29日まで。東京から少し遠いですが、遠足気分で高崎まで出向いて頂けたらと思います!

高崎での2日間の上演後、宇都宮に移り、柿の木幼稚園で2日間、2回上演し、計300名のお子様に見て頂きました。少し怖いシーンもあるので年少さん、年中さんは大丈夫かなと心配もしたのですが、私達の心配もなんのそのでした。大勢の子供が一斉に集中している表情、パワー、熱量は本当に凄いなあ…!って、逆に感動してしまいました。上演に際し、多大なる協力を頂いた清水ご夫妻に本当に感謝です。

上演は今週末、26日にぞうしがやこどもステーション、27日狛江市、広洋舎へと続きます。(両公演、完売です)

チャークさんこと役者・谷口直子さんは、北九州をベースに活動しているので、東京での公演は2013年以来なので6年ぶり。さらには、ソロの上演作品は初めてになります。なんだかんだで、チャークさんと出会ったのは10年前。関わり方は色々ですが、今までに7つの作品を一緒に制作してきました。なんとなくではありますが、『きんいろの髪のお姫さま』は、そんなお互いの経験がなかったらできなかった作品ではないかなと思っています。さらには、この作品はチャークさんの底力を出さずには演じきれない作品です。全力疾走の45分間。

10年間、役者として不思議な魅力で私自身を惹きつけてくれていたチャークさこと、谷口直子さんの演技を沢山の方に見て頂けたら!と思います。

写真・1 上演風景!!
写真・2 本当に沢山の方々に見て頂きました!!!
写真・3 上演後
写真・4 ワークショップ風景