Entry

近況報告・3月

ファイル 296-1.jpgファイル 296-2.jpgファイル 296-3.jpgファイル 296-4.jpg3月も後半になりました。先日は雪も降ったり、日によってはまだかなり寒く、天候が全く読めない春らしい季節です。好きな季節です。

家でも、外での仕事でも基本的に引きこもりなので、健康を考え今年から週1でプールに通っています。3年前まで1メートルも泳げなかった私ですが、ついに、ついに先日!!!1キロ泳げました!!長い目標だったので、かなり嬉しかったです。次の目標は、フォームをなおして、もっと力を抜いて泳げたらいいな、なんて思っています。(まだまだ、水は怖いですが)

色々なプロジェクトが動いていますが、制作中心の日々です。詳しいお知らせは、まだ先になってしまいますが、今年から来年にかけて、日本での展覧会が、夏・秋・冬と続きそうです。制作ペースは波がありますが、もう少しペースアップをしていけたらと思っています。

制作期の気持ちは、とってもナイーブになりがちですが、制作中よく考えていることは、記憶についてです。自分がこれまでに覚えていること。忘れてしまったこと。覚えていたいこと。体感した記憶と、日々うつりゆく感情の記憶は異なるなといったところで。短期集中の記憶力はそこそこあると思うのですが、全体を通してみると、かなり忘れっぽい人間なので『忘れてしまう、でも忘れたくない感覚を留められたら』なんて事が、制作中のキーな感情になっているなと思っています。

また、先月から始めた漫画ですが、「息抜き」といいながら、かなり本人的に楽しんでやっています。

そもそもブログを始めた切っ掛けは、役者のチャークさんこと、谷口直子さんが文化庁派遣芸術家在外研修員として、チェコで研修していた際にブログを書いていて、そのブログがとても面白く、影響を受けやすい私は「わー!面白いなー!私も書いてみたいなあー!」みたいな憧れから始まりました。とはいっても、私は文章能力が子供の頃からなかったので、サラリと始められるものでもありませんでした。徐々に徐々にで、なんとか現在まで、ほそぼそと月1回ぐらいのペースで、ブログをアップしていますが、今でも文章を書くことにおけるコンプレックスはぬぐえるものではなく、毎回苦戦しています。そもそも、感情を言語化する能力があるのであれば、人形という媒体を通して自己表現するということにはなっていなかったのではないか開き直ったりもしています。(文章書けない言い訳ですが)

その点、漫画は、違いまして。子供の頃から、とりとめもない内容でしたが漫画を描いていたタイプでした。現在では、舞台美術の仕事をするときは、ストーリーボードを描いていますし、タッチもふくめて、今描いている感じの漫画とあまり変わりないかなと。また、文章化は無理だったけど、漫画だったら描けるかも!といった忘れたくない想い出が沢山あり、ブログを書くより、私自身にとっては自然なツールだなと感じています。描きたい内容が沢山あり、あまり漫画ばかりアップしていますと、制作しているのか!?と感じられるかもしれませんが、大丈夫です。鋭意制作中です!

写真・1 昨年、福音館書店さんより出版しましたかがくのとも10月号「つくってあそぼう!あやつりにんぎょう」より、さんかくおじさん!
漫画・1 下ネタになってしまはないか心配しましたが、結構インパクトある想い出だったので
漫画・2 現在も「アンネの日記」はSlovacke劇場(web)で上演されています!
漫画・3 ちょっと内向的な内容ですが、なぜ人形を作るのかの一つの理由に繋がる何かなのかなと