Entry

追悼

ファイル 277-1.jpg「運命」という凄く魅惑的で夢想的な言葉は好きですが、何でも物事を運命で片づけてしまうのは個人的には好きではありません。なんか、運命という言葉を使ってしまうと、その過程まで歩んできた小さな1歩1歩が全部消去されたみたいな気がしてしまって。

それでも、今まで歩んできた道、考え方を、全く別の方向、違う視点へと持って行ってくれるような大きな分岐点を作ってくれた人、自分の人生にとって激しく大きな影響を与えた人との出会いは、「運命」の出会いだっただろうとも思ったりもします。

そんな、私自身の人生を大きく動かしてくれ、一生尊敬する対象であり、0から演劇の世界のいろはを教えて頂いた師であり、DAMUの教授であり、世界中の舞台美術家達から賞賛を集め、チェコの人形劇の黄金時代の立役者であった、舞台美術家ペトル・マターセク氏が7月25日19時半に永眠されました。

悲しすぎて、寂しすぎて、何をどこから書いていいのかわからないような気持ちです。

謹んで哀悼の意を表します。