Entry

母の日

ファイル 275-1.jpgファイル 275-2.jpgファイル 275-3.jpgファイル 275-4.jpgプラハに先週末、帰ってきました。

日本滞在は毎度のことですが、バタバタしていまして、なんだかあっという間の1か月でした。普段、引きこもって仕事をしているので、沢山の人に会えて本当にうれしかったです。また、今回時間の調整がうまくいかず会えなかった皆様方、次回はぜひ会いたいです!

今回「ドールアート展 in うつくしま2017」に制作した作品は、「不思議の国のアリス」をベースにしました。アリスは、私にとっては、ちょっと因縁な作品で、今まで2回ぐらいアリスのパフォーマンスの仕事の話が来ては、助成金の関係だったり、劇場側の意向で別のタイトルになったりと、制作までには至らなかったので、ずっと作りたいという気持ちが沸々としていたテーマの一つだったのです。

福島の展覧会に招待してもらえるということで、何を作ろうかと考えたときに自然とアリスを作ってみようという気持ちになりました。もっと、今の段階から作り込んで、またどこかで昇華した形で発表できればと思っています。

「ハートの女王」

私が人に会うとき、人からインスピレーションを受ける形は2通りあります。1つは、ダイレクトにビジュアル面が。2つ目は、存在自体の強さとか印象などが。ビジュアルや存在の印象が強くて大きく影響を受けてしまうと気を付けないと無意識に作る形が、繰り返す傾向にあります。その中の一人が、私にとっては、「ハートの女王」のモデルにもなっている母の存在です。

もうすぐ、母の日ですし、そんな母のことを少し書ければいいかなと。

築地生まれの築地育ちの母は、江戸っ子気質なのか、とにかく曲がったことが嫌いで、亥年ということも影響してか、本当に猪のごとく猪突猛進な性格をしています。母は厳しく、小言もかなり多いので、私は子供の頃より、ある種の防衛本能かもしれませんが、母の言うことをほとんど聞かない感じに育ってしまいました。

自分の興味をひくことしか頑張らない次女気質や、変に頑固な面もあったので、学業においても家の中のことにおいても、母が叱責するチャンスはいくらでもありました。それでも怒られ慣れると、怒られていることさえほとんど気にならくなり、これまで、数千と浴びてきた母の叱責のほとんどは、馬耳東風といいますか、石の城壁に拒まれた弓矢のごとくパラパラと落ちていく感じでした。

でも、それでも、その中でも、私の人生の中で2、3本の矢が脳天を突き抜ける威力を持ったものがあります。その矢の威力が、「強い女性=母」という私の印象を決定づけ、強い母親や女王を作る時に必ず母のビジュアルが大きく影響しているのだと思います。

そのうちの1本の矢。

私がまだ高校1年生の頃、部活動で所属していた剣道に夢中になっていた時期でした。私は、出鼻小手や、出鼻面が得意だったので、思った瞬間に体が動くよう、とにかく瞬発力を意識的に伸ばすよう稽古を続けていました。その甲斐もあり、高校に上がりたてでも試合で順当に勝てるようになり、そのことで益々、足にかかる負担を考えず練習に励んでしまったのです。そのことも原因で、左足を大きく負傷してしまったのです。

色んな整形外科に通った結果、慢性コンパートメント症候群と診断され、剣道を続けるのであれば手術。やめるのであれば、手術はしなくても大丈夫という診断を下されたのです。高1の私には、「手術」という聞きなれない言葉に大きくビビッてしまい、どうしたもんかなぁ、、と結構悩む事態に陥ったのです。

またそれと同じく、高校生になり、進路希望を美術大学にしていたので、部活動の後、美術大学受験のための予備校(デッサンなどを習う)に通いだしていた頃でもありました。子供の頃から、美術方面にいくのを疑ってはこなかったのですが、美術部や絵を学べる教室に通ったことがなかったので、本格的に美術の事が学べる状況にかなり舞い上がっていた時期でもありました。

周りくどく書いてしまいましたが、高1の私には2つの選択肢があったのです。

1つに、足の手術をして、剣道を続けること。この時、部では、関東大会出場を悲願にして、一丸となって稽古していたので、その目標に信念をささげること。

2つに、足の手術もしないで、剣道をスパッとやめて、自分の人生をかけて戦いたい分野である美術の世界に専念すること。

これには、なかなか悩みました。美術方面の先生は、浪人したくなければ部活動なんてやっている場合ではないと、脅しをかけてきましたし、大切な剣道部の仲間との悲願もありますし。また、「手術」しなければいけないという重みが、誰も私に強く意見を言える状況でなくしてしまったため、自分でどうすべきか決断しなければいけない状況でした。そんな、いったいどうすればいいか悩んでいた私に母が放った一言。

「あんた、剣道をこのまま中途半端に終わらせていいの?」

今考えても、しょせんは高校生の部活動。自分の子供が手術してまで続けるほどのことがあるのかどうか、母がどういう気持ちで放った言葉なのかわかりませんが、高校生の頃の私にとって最後まで部活動を続けることが、中途半端なところで終わるよりよっぽど大事だったのです。それでも、しなくてもいい道がある「手術」を決断しかねている私には、母自らが、手術して剣道ちゃんとやり続けろ!って言ってくれたのは、目から鱗の事態だったのです。

その言葉のおかげで、手術も無事成功し、目標にしていた関東大会にも出場でき引退まで続けることができました。

ファイル 275-5.jpg普段は口うるさいと思ってしまう母。私の年の頃の母は、もう私が6歳で、4つ上の姉が10歳。今の自分が、そんな大きな子の親になっているなんて想像もできないですし、人の子の親になっていない私には、母の持つ強さには到底及びません。でも、いつかもし子供ができたとして、自分も母と同じような状況になったとき、同じようなことを言えるかな?なんて想像します。以前、撮影していただいた「グっと!地球便」でも話しましたが、葛藤している場面でいつも母が厳しく強い言葉を投げかけてくれたんだなと。厳しさも含めて親の愛なんだなと思います。

なんだか、長ーーーくなってしまいました。思い出話を書くのは、文章能力の低い私には至難でしたが、全くもって孝行者ではない娘からの、母の日の記念になればいいなと思い書きました。ここまで読んでくださいました皆様方、本当にありがとうございました。

日本の仕事が一区切りし、これからは演劇のプロジェクト達が待っています。気持ちを切り替えていこうと思っています。

写真・1 チェコは菜の花満開です。
写真・2 どんどん巨大化していくうちのサボテンは、今年も満開です。
写真・3 ハートの女王
写真・4 ハートの女王。
写真・5 今の私と同じ年の頃(もうちょっと上かもしれませんが)の母。昭和感満載な写真だなと。