Entry

2017!!!!!

ファイル 263-2.jpgファイル 263-1.jpg1ファイル 263-3.jpg月も最終日になりました!

もう少し早くブログをアップしたかったのですが、昨年末にパソコンが壊れて、修理に出していたのです。そして、先日、本当にいろんなドラマ?を経て1か月かかって、うちに帰ってきた感じだったのです。

修理の時間はかかりましたが、この修理をしてくれた人はなかなか凄い方(見た目が昔の海外刑事ドラマに出てきそうな、髪をわけている感じの神経質そうな寡黙刑事)で、チェコ人ならではの状況対応能力といいますか、最終的には私の愛用していたソニーのパソコンのハード・ディスクをDELLのノートパソコンに脳移植するような形で修理してくれました。私はウィンドウズの日本語版を使っていたので日本語版のまま修理をしてくれたのも凄いですが、以前と同じまま復活してくれただけでなく、以前よりなんか機能アップして蘇らせてくれたので本当に驚きでした。私にとっては5台目のパソコンで、以前は2台Mac、2台ソニーだったので、初Dellです。

今年は、私にとっては大きな節目の年です。

というのも、2007年9月にプラハに住み始めたので、今年で10年目の年になります。「10年」と言葉にすると、もうそんな長く住んでいるのかーっとも思いますし、住み始めた頃のことを思い出すとまだ10年?といった感じもするし不思議な感覚です。それでも、10年の間に本当に色んなことがあったなあと。10年前の私は今の自分が想像できてませんでしたし、10年後もそんな感じだといいなと思ってます。

そして、私はチェコへ来てから演劇世界に入ったので、人形劇の世界に入っての経験も10年目になりました。10年で培った経験を次の10年に活かせたらいいなと思っています。色んな事に挑戦できればいいなと。

現在は、色んなプロジェクトが平行している感じで、さらにプロジェクトごとに制作テクニックが違うため、家が素材と制作中の物であふれていて混戦状態です…。制作ペースは悪くないのですが、ペースアップしていかないとな感じです。

今年最初の仕事は、2月25日ブルノ・ポラールカ劇場にて、プレミア予定の「Od maličkých k velikým(小さいものから大きいものまで)」です。私にとってはポラールカ劇場での仕事は、2009年に制作した「浦島太郎」以来です。演出は、ゾヤさん。私は、výprava(チェコの演劇現場ではよくある役職なのですが、舞台美術・衣装・人形など、ビジュアル面を全部担う立場)で入ります。

私にとって今年は色々と10年目ですが、ゾヤさんと一緒に作るのも、10作品目!で、偶然ですが、テンションが上がっています。この仕事は、ゾヤさんから最初に話を振られたとき、「Yumiにとっては、不得意な分野かもしれないけど…」から始まりました。本当にその通りで、かーーーーなり、もがきました。詳細はこれからのブログに書きたいですが、リハの雰囲気も凄く良くて、今からいい作品になるなあと確信しています。

今年は日本に(今の見通しでは)3回行きます!仕事でバタバタしているかもですが、皆さまに会える日を楽しみにしています!2017年も皆さまにとって幸せな年でありますように!!